2012年02月16日

目玉焼きという王冠

どうもこんばんは。八木です。


みなさん、突然ですが・・・。
僕はどうやら、無類のたまご好きのようです。

ここでも再三、卵のことについて書かせていただいていますが、彼らの魅力についてはまだまだ語り尽くせません。

さて、そんな中、今日はまかないの話です。


最近ではほとんどありませんが、2年位前にはよく作っていたまなかいのメニューがあります。

それは、つくねハンバーグを照り焼きにして、その上に目玉焼きを乗せるという。
いわばロコモコのようなもの。
ロコモコ自体をよく知らないので、もし違っていたらごめんなさい(笑)

で、今日は久しぶりにそれを作りました。


僕は先ほども言いましたが、大の卵好き。その中でも半熟の目玉焼きが大好きで、目玉焼き半熟2種の免許があったら即取れるくらいには焼いています。

ハンバーグはいいとして、上に乗せる目玉焼きは気合を入れて焼きます。

そして見事半熟に。ロコモコ丼.JPG

写真はピントがずれていますが。



んで、食べるときはこの目玉焼きをソースにして、がぶりと食らう。がぶりですよ?
これが目玉焼きの乗ったハンバーグを食べるときの正しいマナーです。

目玉焼きがソース。

うん、これが言いたかった。

ああ美味しい。

というのもマナーの一つ(笑)


目玉焼きって不思議です。
一つ乗せるだけでものすごいご馳走に見える。

それだけで超豪華に大変身。
まるで王様の冠のよう。

富士宮焼きそばに乗せてもうまいかもしれない。

横手焼きそばっぽくなるかもしれないが・・・。



もしガレージでハンバーグが食べたくなったら言ってください。作ります。

ただし合言葉が必要で、それがないとダメですよ?


その合言葉は・・・。

『ブログを見ました』

これです。


我ながら中々いい合言葉^^


皆さんのリクエスト、お待ちしています。

ノシ

posted by すたっふ at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54000210

この記事へのトラックバック