2012年02月21日

自家製プロジェクト2

こうすけとかおる。
この2人がソーセージを作り続けて、はや一ヶ月余りが過ぎようとしています。

ここはガレージ酒場の厨房。

「シャウエッセンを超えなければ完成とは言えない」

作り始めて一週間も経たぬうち、試作第1号を食べてもらった人に言われた言葉です。
ここのところ、その言葉がこうすけ(八木)と、かおるの心に重くのしかかっています。

ジューシーさが足りないだとか。
パサパサしているとか。
パリッとした歯ざわりが欲しいとか、そのほかetcetc.

食べる人食べる人、本当にさまざまな要望が飛び交い、その都度改良を重ねてきましたが、いまだ完成へとたどり着くことの無いソーセージ作りゴールへの遠い道のり。

本当に完成するのだろうか?
市販品を越えることはできないのだろうか?
本当にこの味でいいのだろうか???

二人の頭の中をこれらの言葉たちがぐるぐると巡ります。

最初は太目のフランクフルトタイプを作っていましたが、どうにも商品イメージがガレージに合いそうにない&見た目が良くないということで細めのウインナータイプに変更。

燻製はしたほうがいいのか?
肉は粗挽きがいいのかそれとも絹挽きがいいのか?
ボイルが旨いかグリルが旨いか・・・。

味付けについて口論になったこともありました。

取っ組み合いのけんかになったこともあれば面白かったですが、さすがにありません。
穏便に事は運びます。

あーでもない。
こーでもない。

模索し続けて、少しずつ前に進むウインナー。とふたり。

だんだんと手際も良くなり、味付けも固まっていきました。

もう少しで・・・完成だ!!


パリッとした歯ざわりを求め。
コク深さとパンチの効いた味わいを求め。


そして出来た試作第5弾。
IMG_3429.JPG

(゚д゚)/「色艶もカタチもハリも今までで最高だ!!やったな、かおる君!!」

d=(´▽`)=b「やりましたね!!てんちょー!!」

ということで早速ボイル。

仕上がりは上々。

恐る恐る口に運ぶ2人・・・。


むぎゅ。


あ、あれ?

なんか、噛み切れないぞ?

ぶつっ。

ああ。やっと噛み切れた。

味はうまいけども・・・。

皮が、硬い・・・(´Д`)

残念!!ジューシー感も出て、味も良好。しかしあまりにも皮が硬く、今回も失敗に終わりました。

しかし、何だかんだでもう一歩のところまで来たと確信したこうすけ。と、かおる。

あと数回で完成しそうな予感を、感じずにはいられないのでした。

これからも2人のソーセージチャレンジは続きます。

ソーセージマエストロへの道は険しい・・・。

今後の2人の活躍に、乞うご期待!!

それでは!!

ノシ

今日の人物紹介:
こうすけ (゚д゚)/ :ソーセージが好き。熱しやすく飽きっぽい。こんなに難しいものをホイホイ作れるドイツ人はスゲーが口癖。うるさい。

かおる d=(´▽`)=b :コーヒーはブラック。熱くなりにくい。猫舌。器用。うるさいやつが苦手。照れ屋。
posted by すたっふ at 03:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ここまで聞いてたら食べずにはいれないッ!早く食べたいデス♪
楽しみに待ってますッ!
Posted by 花子 at 2012年02月21日 10:48
もう少々お待ちください!!

きっといいソーセージを持って行きます!!
Posted by こうすけ at 2012年02月21日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54085210

この記事へのトラックバック